初めて巻き爪ケアをお考えの方

  • HOME
  • 初めて巻き爪ケアをお考えの方

そもそも巻き爪ってなに? 巻き爪とは

巻き爪の種類

  • ストロー型
  • ストロー型
  • 渦巻き型
  • 陥入爪型
  • 軽度

上記以外にも、「爪の先が無い」、「片側だけ渦巻いている」、「小さい指の爪」など様々な巻き爪の症状がございます。

あなたの爪は大丈夫ですか?

「巻き爪」という言葉を聞いたことがある方は多いかもしれません。
実は、男女問わず、この巻き爪で真剣に悩んでいる方が増えています。 主に、爪に負担のかかりやすい足の親指が巻き爪になる例が多いのですが、 場合によっては足の他の指の爪や、手の爪も巻き爪になることがあります。
「見た目の問題だから、気にしない」などとあなどってはいけません。
巻き爪が進行すると、指の肉に爪がどんどん食い込み、激しい痛みを起こすことがあります。
さらに巻き込まれた皮膚が化膿し、歩くことさえ苦痛になる方も多くいらっしゃいます。 また巻き爪のために足をかばって歩くと、今までの自然な歩き方ができなくなり、足首や膝、 腰へと負担がかかってしまうことも。捻挫や膝痛、腰痛を起こす原因にもなります。
つまり、巻き爪1つで全身のバランスが崩れてしまうこともあるのです。 あなたの爪は大丈夫ですか?

なぜ巻き爪になるの? 巻き爪の原因

  •  爪きり

    間違った爪切りを行うと、様々なトラブルが生じます。 巻き爪になったり、陥入爪(かんにゅうそう:爪が皮膚の中に落ちくぼんだ状態)になったりします。
  • 靴

    足に合っていない窮屈な靴は、巻き爪や外反母趾、内反小趾などといったいろいろな足のトラブルを作ります。
  • 遺伝

    巻き爪になる原因を全て排除し、長期間巻き爪補正を行っても新しく生えてくる爪が常にひどく巻いてくる場合があります。 もし健康状態に問題がない場合には遺伝的な巻き爪が疑われます。
  • 肥満・妊娠

    慢性的な肥満や急激の体重の増加も指先への無理な圧迫で巻き爪や陥入爪になることがあります。 特に妊婦になると、短期間で急激に体重が増加するので、そのことがきっかけとなり巻き爪や陥入爪になる場合があるのです。
  • 怪我

    爪が深い位置で割れると巻き爪になることがあります。また、怪我がもとで爪が抜け落ちると陥入爪になる確率が高くなります。 陥入爪は、爪切りが困難なので爪端にトゲができ、膿んでしまうことがあります。ひどくなると肉芽ができて激しい痛みを伴います。
  • 爪疾患

    爪が水虫になると、爪は分厚くなり巻いてくる傾向にあります。 爪水虫は痛くもかゆくもないので、気付かないことが多く、放置すると巻き爪が進行したり、 手足の爪全てに広がる場合があります。疑わしい場合は病院で検査し、爪水虫の場合治療後に巻き爪ケアを行います。
  • 健康状態

    医学書によると、健康状態が8割程度の割合で爪に現れると言われています。 内疾患がもとで爪の色が変わったり形状が変化することがあります。
  • 加齢

    爪は肌と同じで歳を重ねるごとに乾燥します。
    乾燥すると縮むので巻き爪になりやすくなります。
    また、加齢と共に爪に厚みがでてきますので、こまめなケアが大切です。

巻き爪になってしまったらどうすればいいの? 巻き爪の対処法

化膿してない場合は巻爪レスキューに御相談ください

  • まずは、「巻き爪レスキュー」へご予約ください。

    tel:043-487-9728

    ペディグラスは、特許取得済みの日本で生まれた信頼性の高い技術です。

  • 巻爪レスキューにて、
    巻き爪補正・ケア
  • 巻き爪補正・ケアが
    完了すれば自己ケアへ

    補正完了の2~3ヶ月前から
    簡単に行える自己ケア法をお教えします。

化膿している場合はまず病院へ

  • まずは、病院へ。皮膚に刺さっている爪を削除してもらい、化膿している状態を治療してもらいましょう。
    トゲになっている部分だけをカットしてもらい、化膿している状態が治れば補正器具(ペディグラス)をつけられます。爪の根本まで切ってしまうとペディグラスを付けることができません。
  • 化膿が治ったら、巻爪レスキューへ
  • 継続補正が必要な場合もあります
    ・遺伝子的要因  ・巻き爪になる原因を排除できない  ・内疾患
  • 継続補正に切り替える
    美容室や理容室へ行く感覚で巻き爪補正およびケアを行います。巻き爪爪補正を継続的に行う場合は特別料金に切り替わります。

    【補正箇所】
    1ヶ所  ¥3,150
    2ヶ所  ¥5,250
    3~4ヶ所 ¥6,300

  • 手術
    巻爪レスキューでは、手術を積極的におススメしているわけではありませんが、ひとつの選択肢として情報を提供しています。いったん手術を行うと、手術前の状態に戻すことは不可能なため、できる限り継続補正をおすすめします。

巻き爪は、早めの対応が大事! 程度が軽いほど、短い期間で改善が期待できます!

「痛み」を感じ、巻き爪かなと思ったら、ご自分で爪を切る前に「巻き爪レスキュー」の無料カウンセリングにお越しください。よく、「爪を切れば痛くない」とそれを繰り返していくうちに、爪を切るスパンが短くなり、悪化してしまう方がいらっしゃいます。そうなってから来て頂くと、施術期間がより長くなってしまいます。
無料カウンセリングに来ていただければ、巻き爪の程度や施術期間、ご自身でのケア方法等、お伝えします。
また、無理な勧誘は一切致しませんので、ケアをするかを決めるきっかけにしていただければと思っております。

キレイで健康な詰めに導きます。 重度の巻き爪だからとあきらめないでください。

巻き爪を改善するには、ある程度の期間と生活の改善が必要です。巻き爪を改善し再発させないためには、爪の溝の形を整え、爪がキレイに伸びる形にしていきます。巻き爪レスキューの巻き爪ケア「ぺディグラステクノロジー」は、痛くなく、仕上がりもきれい、月に1度補正器具を状態に合わせて取り替えるだけなので、通いやすく、キレイな爪を取り戻している方が多くいらっしゃいます。 さらに、巻き爪を引き起こす生活習慣の改善や爪の切り方等もアドバイスします。